2018/07/03

イソガシーシュー

奥さんがシンガポールエアウェイズの冊子を作るというなかなかビッグな仕事を始めたが、予定満期の2ヶ月を待たずして、一ヶ月ほどでやめてしまった。大変すぎたらしい。まったく自由なもんだよなとあきれるが、久しぶりにマレーシアの家へ二人で帰ってこれた。もう猫は来なくなってしまって寂しいが、庭ではマンゴスチンが取れ始め、他のわけのわからない野菜などもすくすくと育っていて嬉しい。
シンガポールとマレーシアは、もう二ヶ月ほど雨が頻繁に降る日が続いている。これは間違いなく新しい雨期だろう。去年もそんな感じだったし。雨期は旅行には向いてないかもしれないが、植物はぐんぐん伸びる。そして涼しい。だから嫌いじゃない。

先週はとても忙しかった。まず奥さんからもらったイラストの仕事の締め切りが近づいていた。初めて描くスタイルの、線を描かないリアル系フードイラストだったので、試行錯誤しながらけっこう時間がかかった。
そしてワールドカップがあったので、友達の家に行き夜遅くまでTV中継を一緒に見たり。
さらにシンガポールに友人が3組も訪れてくれたので、会って食事して遅くまでお酒飲んでと、とにかく毎日飲んでいたような気がする。2組はかなりのお金持ちなのでおごってもらい、もう1組は普通のラオス人なのでおごってあげた。こういう上から下への施しって大切なんだなと思った。
これに加え日本語レッスンもたくさんあり、タイ語のスカイプレッスンもほぼ毎日受けなければならず、疲労困憊で体がぐっと弱ってしまったので、お粥ばかり食べている。

マレーシアはちょうど今ドリアンシーズンで、至るところでドリアンを見かける。シンガポールでももちろん輸入されたドリアンが並んでいるが、やはり高い。昨日はマレーシアの路上で売られていたドリアンを2個買った。2つでたったの19RMだったが味は最高に美味かった。甘くてほんのりビターで、何個でも多ベられる。あんな大きくて、しかも美味い果物が、年に2回も収穫できるなんてほんとにアメージングだと思う。

今年の5月くらいから日本に行こう行こうと考えていたが、結局他のところに旅行に行ってしまい、気がつけばもう行く気もなくなっている。やはりどうしても帰りたいんだ!という強い信念がなければ、もちろん安くて楽しくウハウハな東南アジアへ足が向いてしまうのは当たり前だ。しかし最近周りで沖縄旅行が割と噂になっている。格安航空が沖縄への安いチケットを出しているらしい。行ってみようかな。

今週は体の静養のためにあまり出かけず超ダラダラしようと思う。






2018/06/23

Miri & KK

先週から1週間ほど、マレーシアのボルネオ島にある、ミリとコタキナバルに奥さんと行ってきた。ミリには我々の友達、アイウェイが住んでいる。
今回は初めてジョホールのスナイ国際空港を使った。マレーシアの家からGrabタクシーで10分たらず。料金も16RM。空港は思いのほかキレイで新しく人もたくさんいた。シンガポールやJBセントラルからもバスがあるので、けっこう使い勝手がいいのかもしれない。
というかGrabタクシーのアプリもこのためにわざわざインストールしたのだが、これが本当に今回は役に立ったというか、乗りまくった。
ミリではアイウェイがお父さんの車で空港まで迎えに来てくれ、それから3日間本当にお世話になった。車で色んな所に連れて行ってくれた。アイウェイの実家では何度も美味しい食事をごちそうになった。そして3人で色々な話しをした。

そしてミリから飛行機でコタキナバルへ。ガイドブックには空港から市内まではタクシーで30RMくらいだと書いてあったが、Grabタクシーでたったの8RMだった。2度目の使用だったので、ほんとにたったの8RMなのかと、タクシーを降りる直前までずっと疑っていた。
コタキナバル(以下KK)はミリよりも大きい街で、外国人旅行者もたくさんいた。とくに韓国人が多かった。KKの市街には大きい市場があり、とくに魚市場はとても活気があった。夜はシーフードも食べたが、大きなエビが1kgで30RMと、とても安かった。食べる直前まで、実はオレはあんまりシーフード好きじゃないんだよなーと思っていたが、食べてすぐシーフードファンになった。
Monsopiad Cultural Villageは、市内からGrabで片道15RM。ガイドの青年、踊り子の女の子達、みんなとても感じがよかった。州立モスクのガイドの少年も、無料で服を貸してくれたが、寄付などは全く要求されなかった。ミリもKKも、半島よりももっとのんびりしている感じがした。初めてのボルネオ島上陸だったが、一気にボルネオのファンになった。クチンにも友達がいるし、またアイウェイにも会いたいので、年内にまた行けたらいいなと思っている。